伝えよう!CoolJapanわたしたちのカッコイイ「日本」を紹介するブログです 

このページの記事目次 (カテゴリー: 文化

total 2 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://cooljapan211.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

世界をカッコいいと言わせる和食

   ↑  2013/12/07 (土)  カテゴリー: 文化
WASABI(ワサビ)、YUZU(ゆず)、KONBU(昆布)、DASHI(だし)、
UMAMI(うまみ)、MISO(味噌)、PONZU(ポン酢)、WAKAME(わかめ)、
TOFU(豆腐)、GYOZA(餃子)、RAMEN(ラーメン)、BENTO(弁当)、
MACHA(抹茶)、SENCHA(煎茶)、SAKE(酒)、DAIKON(大根)、
SHITAKE(椎茸)、NASHI(梨)、KAKI(柿)・・・

ここ数年こうした日本語の食材が、パリ、ロンドン、ニューヨーク、カリフォルニア等で目立つようになりました。

実際にこの15年ほどで、日本食は急激に世界へ浸透しました。
日本の農林水産物の輸出額は、2000年から10年間で1.5倍以上増えました。

海外の日本食レストラン数も急増です。
アメリカでは95年の約4000店から2010年には約1万4000店と、
15年間で3.5倍も増え、最近はニューヨークだけでも1万店ともいわれています。

中国でもここ10年で急増し、北京市内では約1100店、上海市内で約2000店といいます。
欧州で最も日本食が浸透するフランスでも、ここ10年で急増しパリ近郊で約1500店以上といわれています。

さらにフレンチの巨匠たちも、和食への探求に余念がありません。
たとえば、フレンチの神様と称されるジョエル・ロブションは、2008年モナコのメトロポール・モンテカルロに日本食レストラン「YOSHI」をオープン、2010年にはミシュラン1つ星を獲得しています。

星をもたらすシェフと言われるティエリー・マルクスも、和食の美徳を多く取り入れる巨匠の一人です。
彼は、パリの超高級ホテル、マンダリン・オリエンタル内にある2つ星レストラン「シュール・ムジュール」を指揮します。
ここでは、12人のシェフのうち8人は日本人。
彼は、大豆、シソ、抹茶、大根など日本の食材を使うメニューの開発に熱心で、
京都の懐石料理店で学んだ低音調理法を取り入れるといいます。

このように和食のコンセプトや食材は、日本食レストランだけではなく、
世界の料理界や高級グルメ派に強い影響を与えています。

トレンドセッターとなりうるフレンチの巨匠たちを頂点に、
世界各地のレストランや家庭にジワジワと浸透しています。

===========================
「世界が恋する日本の美徳」永田公彦/ディスカバリー携書



【和食、世界無形文化遺産に登録】

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は、アゼルバイジャンのバクーで開いた政府間委員会で、
日本政府が提案していた「和食 日本人の伝統的な食文化」の無形文化遺産への新規登録を決めた。

食に関する分野で日本から登録されるのは初めて。

和食の普及がいっそう進むとともに、経済などへの波及効果も期待できそうだ


政府は昨年3月、
和食を「『自然の尊重』という日本人の精神をあらわした、食に関する社会的慣習」として、無形文化遺産に提案。
特徴を、「新鮮で多様な食材とその持ち味を尊重」「年中行事と密接に関連」などとしていた。

また政府には、東京電力福島第1原発事故による風評被害に苦しむ国産食材のイメージを立て直し、東日本大震災からの復興の象徴にする狙いもあった。

提案を事前審査したユネスコ政府間委員会の補助機関は、

和食が「文化の多様性を反映し、人類の創造性を証明している」

といった基準にかなうと判断し、10月、登録を委員会へ勧告。
今月2日からバクーで開かれた委員会の会合で、是非が話し合われていた。

2013.12.5 産経ニュースより
スポンサーサイト

(記事編集) http://cooljapan211.blog.fc2.com/blog-entry-29.html

2013/12/07 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

古代と未来をつなげてしまうアート

   ↑  2013/12/07 (土)  カテゴリー: 文化
「過去に生まれた古い文化」と「未来を予感させる新しい文化」が融合するアートに世界が注目します。

70年代には、「芸術は爆発だ」のセリフで知られる岡本太郎が、「太陽の塔(70年大阪万博のシンボルタワー)」を創り、世界へ発信しました。
この塔には、過去を表わす黒い太陽、現在を表す太陽の顔、未来を表す黄金の顔が示されています。
衝撃的で未来を感じさせる斬新なアイデアの中にも、造形や呪術性の面で彼が強く影響を受けていた縄文土器との共通点が多いとされています。

ご存知の通り、縄文土器は世界最古の土器に属し世界が称賛する古代芸術です。
「ロクロも窯も使わずに、ここまで複雑な作品をつくるとは信じ難い」・・・
20世紀を代表するフランスの社会学者クロード・レヴィ=ストロース氏は、98年秋パリ日本文化会館で開催された欧州初の縄文展の作品を前にこう驚嘆しました。

また縄文土器は、メトロポリタン美術館(ニューヨーク)、大英博物館(ロンドン)、ギメ東洋美術館(パリ)などで常設展示され、この驚くべき造形と技法を世界の人々が堪能しています。


===========================
「世界が恋する日本の美徳」永田公彦/ディスカバリー携書

(記事編集) http://cooljapan211.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

2013/12/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

世界に先駆け「生きる人」を国宝にした日本

   ↑  2013/12/07 (土)  カテゴリー: 文化
日本には歴史的または芸術的に価値の高い芸能や工業技術を
「無形の文化財」にしようという考えが古くからありました。

そして、1955年1月、世界で初めて人間国宝(重要無形文化財保持者)が誕生しました。
以降これまで芸能・工業技術の両分野で330人以上が国宝に認定され、
国がその保護と継承を目的に支援を行っています。

この人間国宝で注目される点は4つあります。

1つは、パラドックスです。
日本は、個人が表に出ることを是としない控えの文化が強い国です。
その国が個人を表舞台に引き出し称賛するしくみを世界に先駆けて整えたことです。

2つ目は、伝統文化に対する日本人の心意気です。
ノーベル賞は、物理、化学、医学、経済の研究者、平和推進者や文学者に与えられます。
しかし人間国宝は、こうした分野の人たちには与えられません。
あくまで伝統分野の匠にしか与えられません。

3つめは、日本の人間国宝の考えが世界に広がったことです。
韓国(1964年)、フランス(1994年)、チェコ(2003年)など複数の国が後を追い、同様の制度を設けました。
また、ユネスコも、無形文化遺産条約を2006年に発効しています。
なお、条約制定にあたっては日本が大きな役割を果たしたといいます。

4つ目は、コントラストです。
世界の人々が日本に抱くイメージの1つにロボットがあります。
アストロボーイ(鉄腕アトム)やガンダムは、大英博物館など世界の博物館や美術館で常設展示されるほどです。
これに加えアシモ(本田技研工業開発)等の人間型ロボットが海外のマスコミ等を通じ広く世界に紹介されます。

国際社会がいだくイメージには、こうしたロボットが象徴する「未来、先端技術」というものと、
「過去、伝承技術、人」に強くこだわるという二面性があります。

このコントラスト(対照)が、外国人には興味深く映ります。


===========================
「世界が恋する日本の美徳」永田公彦/ディスカバリー携書

(記事編集) http://cooljapan211.blog.fc2.com/blog-entry-27.html

2013/12/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

「いただきます」ではじまる食育

   ↑  2013/05/30 (木)  カテゴリー: 文化
「いただきます」という言葉は、もともと
「あなたの命を頂きます」という意味である。

人が生きていくにためには、動植物の命を摂取しつづけなくてはならない。
日本人は恐らく縄文時代から、食事をするたびにこのように
大自然の恵みに感謝してきた。

だから、昔から、米を一粒でも食べ残すと目がつぶれるといって、
子供たちに米を大切にする心を教えてきた。

日本人の食事に対する意識は異邦人とはまったく異なるのである。
食事を神と考える日本人の感覚も、
日本人が料理を究めた一つの要素ではないだろうか。

「いただきます」は
食材そのものに対する感謝の気持ちを表す言葉
であるから、
キリスト教徒が神に食事を感謝するのとも性質が異なる。

日本人の伝統的価値観によれば、
食事とは、
あなたの命を私の命に換えさせていただく、
いわば命を交換する儀式
なのである。
人は自分の力で生きているのではなく、
大自然の恵みをいただきながら生かされているのである。

一方「ごちそうさま」
「ご馳走さま」と書くことから分かるように、
食事を作ってくれた人と
食材を生産した人に対する
感謝の言葉
である。

日本人は縄文時代から一万年以上の間、
食事のたびに食材と料理人に感謝の言葉を唱えつづけてきたのである

====================
日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか/竹田恒泰(PHP新書)より

---------------------
『あなたの命を私の命にさせていただきます』の
最後の『いただきます』を言っているんです。
(永六輔さん)


「いただきます」と感謝を捧げる日本独自の美しい伝統を、まず家庭教育からはじめませんか?

(記事編集) http://cooljapan211.blog.fc2.com/blog-entry-13.html

2013/05/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

人類の調理の起源は縄文時代にあり

   ↑  2013/05/28 (火)  カテゴリー: 文化
人類の調理の起源は縄文時代にあり

日本の縄文人こそ、人類で最初に料理をした人たちである。

煮る、炊く、蒸すといった調理の基本は
土器があってはじめて可能なことであり、
土器は人類最初の調理器具である。

世界最古級の土器が青森県で出土していることは、
日本人なら知っておくべきだろう。

大平山元Ⅰ遺跡出土の土器は、約一万七千年前であったことで、
世界最古級の土器であることが判明した。

しかも、土器の内側には炭化物が付着していたため、
食料の煮炊きに使ったものであることが分かる。

これが人類最初の調理の痕なのである。

日本における調理の歴史はフランスや中国のそれより数千年長い。
その後何千年も経過してから世界の他の地域でも土器が作られるようになり、
それが世界四大文明といわれる、
メソポタミヤ、エジプト、インダス、黄河文明を形成した。

土器の出現が文明の出発点であると考えれば、
四大文明が成立するはるか前に、日本文明が成立していたことになる。

日本人が料理を究めたことと、
日本人の先祖が人類で最初に料理をしたことは
無関係でないように思える。

==================================
日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか/竹田恒泰(PHP新書)より

----------------------------------
1999/04/17, 朝日新聞夕刊(15面)
縄文、古さケタ違い 1万6500年前の土器、この地でなぜ

ナイル川やチグリス川流域などの四大文明の地に土器が出現するはるか前、
大陸と陸続きだった「日本列島」ではすでに土器の製作が始まっていた。
青森県の大平山元(おおだいやまもと)1遺跡で見つかった一万六千五百年前の縄文土器は、
世界各地の土器と比べても、けた違いに古い。
人はなぜ、この地で土器を作り始め、使うようになったのか。
最新の年代測定法による分析は、「縄文とは何か」を改めて問いかけている。(1面参照)


世界四大文明の嘘
ブログ「ねずさんのひとりごと」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-791.html


(記事編集) http://cooljapan211.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

2013/05/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。