伝えよう!CoolJapanわたしたちのカッコイイ「日本」を紹介するブログです 

このページの記事目次 ( ← 2013年06月 → )

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://cooljapan211.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

知られざる世界一の日本

   ↑  2013/06/30 (日)  カテゴリー: 外国から見た日本
旅行者の行儀の良さ世界一

日本人観光客に対する海外の人々の評価はすこぶるいい。

アメリカのオンライン旅行会社エクスペディアが世界各国のホテルの従業員に、
ホテルを訪れる各国からの旅行者に対する印象を聞いたところ、

日本人は2007(平成19)年の調査以来、

3年連続でベスト・ツーリスト(世界最良の観光客)に選ばれている。

日本人は

「行儀の良さ(その国のマナーや一般的なエチケットを守る)」

「礼儀正しい」

「部屋をきれいに使う」

「騒がしくない」

「不平が少ない」

の5項目で1位となった。

だが、反面、唯一「現地の言葉を話す」という項目ではワースト3位で、
これはカタコトの単語でも積極的に現地の住民に話しかける他の国の人々に比べ、
日本人はシャイで奥ゆかしい人が多いということの表れだと言えるだろう。

========================
世界から愛され続ける国「日本」 笠倉出版社より
スポンサーサイト

(記事編集) http://cooljapan211.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

2013/06/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

会津藩「什の掟」

   ↑  2013/06/22 (土)  カテゴリー: 教育
会津藩には「什の掟」という教えがありました。

子どもたちは十歳になると日進館という藩校に入学し、6歳から9歳までの幼い子どもたちは、町内のグループ「什」に入り、藩士としての心得を縦社会の中で教育されたそうです。

「什の掟」
一、年長者の言うことに背いてはなりませぬ
二、年長者にお辞儀をしなければなりませぬ
三、虚言を言うことはなりませぬ
四、卑怯な振る舞いをしてはなりなせぬ
五、弱いものをいじめてはなりませぬ
六、戸外で物を食べてはなりませぬ
七、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ

「ならぬものはならぬものです」

現代風に言い換えると

・年長者を敬いなさい。
・礼儀をわきまえなさい。
・嘘をついてはいけません。
・卑怯な言動はしてはいけません。
・弱い者いじめをしてはいけません。
・外で歩きながら食べてはいけません。
・外で女子と気軽に話をしてはいけません。

「正義のないことはだめです。だめなものはだめなのです」

戦後教育を受けたすべての人が、家庭や学校で疎かにしてきた「道徳」です。
「知育・体育」は素晴しく発達しましたが、その代償として「徳育」は疎かにされ、そのつけが至る所で噴出しています。
「知育・体育・徳育」が揃ってこそ、教養ではないでしょうか。

萩の明倫館(明倫小)では吉田松陰先生の「今日よりぞ、幼心を打ち捨てて、人となりにし、道を踏めかし」と現代の子ども達が素読しているそうです。

このような子どもたちこそ世界に出て通用する国際人になって欲しいですね。

(記事編集) http://cooljapan211.blog.fc2.com/blog-entry-20.html

2013/06/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

「日の丸」のおはなし(歴史)

   ↑  2013/06/15 (土)  カテゴリー: 教育
『日の丸の歌』

一 白地に赤く 日の丸染めて
  ああ美しい 日本の旗は

二 青空高く 日の丸揚げて
  ああ美しい 日本の旗は


青空に翻る白地に赤丸の日本の旗は、世界の国旗の中でも最もシンプルで美しい旗です。

古来の日本から引き継がれている日本の国旗「日の丸」の歴史をみてみましょう。

●日の丸が日本の記録に現れるのは、平安時代初期の延暦16(797)年に編纂された「続日本紀」で、ざっと1300年以上の歴史があります。

●現存する最古の国旗は、後冷泉天皇より源義光(新羅三郎)へ下賜された日の丸の旗があります。
これは甲斐源氏宗家(武田信玄の家系)の家宝としていまに伝えられているものです。

●源平合戦の屋島の戦いで有名なのが、那須与一が射落とした扇の的の話。
このとき、平家側が竿の先にくくりつけていた扇が日の丸の扇です。

●室町時代になると、足利幕府が推奨した朱印船において、日の丸は「日本国籍」を示す商戦旗として公式に用いられています。

●戦国時代には天下一の武将の御印とされるようになります。
武田信玄と織田信長の戦いでは両者とも本陣に日の丸を立てていました。
日本では古来から、「我こそはこの国の覇者なり」と云う意思を示すときには、日の丸を掲げていたのです。

●江戸時代になると、徳川幕府は延宝元(1673)年に御城米廻船の船印として「日の丸」を指定しています。

●幕末には、幕府は正式に「日の丸」を海外派遣用の船舶における日本船旗として、日の丸を指定しています。

●万延元(1860)年の、幕府渡米使節団は、米国のブロードウェイで、日の丸の小旗を振って歓迎を受けています。

●明治維新の際の戊辰戦争では、薩長土肥の官軍側が錦の御旗、幕府方は日の丸を背負って戦っています。

●明治新政府は「商船規則」で、日の丸を「御國旗」として規定し、日本船の目印として採用しています。

●明治3年フランスは、正式に明治政府に対し「日の丸を500万円で売ってほしい」と依頼してきましたが、さすがに時の日本政府は断ったそうです。


学校では教わらない日の丸の歴史、日本人としては当然身に付けたい教養の一つです。

日本人の一部には「日の丸」を、軍国主義の象徴、戦争を想像させる、と訴える人がいますが、古来の日本から引き継がれている歴史・成り立ちを知れば、「日の丸」を日本の歴史・文化の中から、自然発生的に生まれ育った歴史ある日本の国旗として、誇りを持って受け容れられるのではないのでしょうか。

こどもたちに伝えたいですね。

日の丸の由来 動画 (学校でこんな風に教えて欲しいものです)
http://www.youtube.com/watch?v=0ZIHk2M94OQ

(記事編集) http://cooljapan211.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

2013/06/15 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

「蛍の光」を最後まで聞いてみよう!

   ↑  2013/06/09 (日)  カテゴリー: 詩
「蛍の光」の歌詞は四番までありますが、戦後、三番と四番が消されてしまいました。

「蛍の光」三番と四番を歌って初めてこの歌の意味するところが理解できるのです。

祖国防衛の任務のため、国境に赴く夫を妻が送る別れの歌なのです。


(一番)
蛍の光、窓の雪、ふみ読む月日、重ねつつ、
いつしか年も、すぎの戸を、開けてぞ今朝は、別れ行く

(二番)
止まるも行くも、限りとて、かたみに思う、ちよろづの、
心のはしを、一言に、さきくとばかり、歌うなり。

(三番)
筑紫の極み、陸の奥、海山遠く、隔つとも、
その真心は、隔てなく、ひとつに尽くせ、国のため。

(四番)
千島の奥も、沖縄も、八州(やしま)の内の、守りなり、
いたらん国に、勲しく、努めよ我が背、つつがなく。

【解説】
一番は、明けて今朝、国を護るために夫は別れていくと歌っているのです。

二番は、故郷にとどまる妻も、国境の護りに旅立つ夫も、今日を限りとして別れていく。
だからかたみも心の端に、どうぞご無事でと一心に歌うのです。

三番は、ここからが具体的な領土防衛の歌詞です。
筑紫の果ても、陸奥の果ても、祖国防衛のために赴く夫とは海や山も遠くに隔てるが、
真心は隔てることなく、どうぞお国のために尽くして下さい、と妻が歌うものです。

四番は、明治になってからの領土である千島も沖縄も八州(日本)の内の守りであり、
どうぞこれから向かうところで功を立て、ご無事で任務を全うして下さい、と妻が祈っているのです。


明治時代に領土が拡大することで三度とも歌詞が変わった「蛍の光」。
「蛍の光」がどのような歌か理解するところであります。
だからこそ、その時の背景を含めて学校できちんと教えるべきなのです。

美し国(うましくに)さんより
http://blogs.yahoo.co.jp/meiniacc/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sv=%B7%D6%A4%CE%B8%F7&sk=1
-------------------------
「蛍の光」をSAYAライブで聞いてみましょう!
http://www.youtube.com/watch?v=sDWSlr_f0hA

(記事編集) http://cooljapan211.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

2013/06/09 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

日本という国を作ってくれたことを神に感謝する/アインシュタイン

   ↑  2013/06/03 (月)  カテゴリー: 外国から見た日本
-------------------------------
日本人は、これまで知り合ったどの国よりも、うわべだけでなく、
すべての物事にたいして物静かで、控えめで、知的で、芸術すきで、
思いやりがあって非常に感じが良い人達です。
-------------------------------
アインシュタインが来日した際(1992年)、自分の子供に宛てた手紙


-------------------------------
近代日本の発展ほど、世界を驚かせたものはない。

一系の天皇を戴いていることが今日の日本をあらしめたのである。
私はこのような尊い国が世界の一ヶ所位なくてはならないと考えていた。

世界の未来は進むだけ進み、その間、幾度か争いが繰り返されて、最後の戦いに疲れる時が来る。
その時、人類は誠の平和を求めて、世界的な盟主をあげなければならない。

この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、あらゆる国の歴史を抜き超えた、
最も古く、また尊い家柄でなくてはならぬ。

世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。

それはアジアの高峰、日本に立ち戻らなければならない。

我々は神に感謝する。
我々に日本という、尊い国をつくって置いてくれた事を・・・・・。

日本の家族制度ほど尊いものはない。

欧米の教育は個人が生存競争に勝つためのもので極端な個人主義となり、
あたり構わぬ闘争が行われ、働く目的は金と享楽の追求のみとなった。

家族の絆はゆるみ、芸術や道徳の深さは生活から離れている。
激しい生存競争によって共存への安らぎは奪われ、唯物主義の考え方が支配的となり、
人々の心を孤独にしている。

日本は個人主義はごく僅かで、法律保護は薄いが世代にわたる家族の絆は固く
互いの助け合いによって人間本来の善良なる姿と優しい心が保たれている

この尊い日本の精神地球上に残されていた事を神に感謝する
--------------------------------
アインシュタインが大正11年(1922年)の初来日で、和魂和才の日本固有文明に感銘を受けた名言

(記事編集) http://cooljapan211.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

2013/06/03 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

日本の真実のショートストーリー

   ↑  2013/06/02 (日)  カテゴリー: 未分類
暴力が世界を支配した19世紀、

日本はアジアでただ一国、人種の平等を唱えた。

ロシアを破った日本は世界の最強国となり

植民地支配に苦しむ周辺諸国民に教育、産業、農業を与え、

仁政をひいて植民地からの自力独立をサポートした

これに怒った欧米列強と日本との間で起こったのが

大東亜戦争である。

日本は、戦争に敗れ、国土を焼け野原にしたけれど、

20世紀における諸国の植民地からの解放と民族独立、人種の平等を実現した。


-------------------------
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1168.html
ねずさんのひとりごとより
-------------------------

短くて、わかりやすくて大切な、
ほんの数行の「真実の日本」を、
みんなで伝えましょう!


(記事編集) http://cooljapan211.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

2013/06/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

君が代に込めた想いをマンガで見る

   ↑  2013/06/02 (日)  カテゴリー: 教育
世界の国歌の中で、
最も平和でおおらかで悠久で格調高い素晴らしい国歌。

平和な世の中がずっと続きますように、と願う
日本の国柄がよく表れた国歌。


君が代に込めた想い_4コマ

http://twitpic.com/99g8p4
-------------------------------

国歌「君が代」の本当の意味を知っていますか?
他国と比較して見てください。

http://genzou704.blog107.fc2.com/blog-entry-62.html より転載


『君が代』

1903年(明治36年)、
ドイツで行われた「世界国歌コンクール」で『君が代』は一等を受賞した。

『君が代』

君が代は

千代に八千代に

さざれ石の

巌(いわお)となりて

苔(こけ)のむすまで


―――――世界の国歌――――――――――

■アメリカ

危険きわまりない戦闘の最中にも
我らが死守する砦の上
星条旗は雄雄しくひるがえっていただろうか?
赤き閃光を引く砲弾の降りそそぐ夜を徹して
おお我らの星条旗は
ゆるぐことなく
いまだ、そこにはためいていた

■中国

奴隷となりたくない人々よ!
我らの血と肉をもって築こう
我らの新しき長城を
中華民族
最大の危機に際し
ひとりひとりが最後の鬨(とき)の声をあげるときだ
起て! 起て! 起て!
我ら万人心を一つにして
敵の砲火をついて前進しよう!

■ポルトガル

武器を取れ!
武器を取れ!
大地に大海に!
祖国のために戦わん!
大砲に向かって進め、進め!

■フランス

圧制に抗する我らのもとに 
血まみれの旗ひるがえり
聞け、戦場にあふれるおびえた敵兵の叫びを
子供たちや妻の喉を掻ききろうとしている
市民たちよ
武器をとれ!

■メキシコ

メキシコの民よ、聞け
戦いの鬨の声
剣と鞍の用意は整った
大砲のとどろきで大地の底までふるわせろ

■デンマーク

ふたたび敵を追いつめんと進軍した
彼らの屍は
今はこの地に眠る
石柱と塚の下に

■ロシア

ロシア、我等が聖なる帝国
ロシア、最愛の祖国
強大な意思の力
偉大なる栄光
常しえに誉れ高くあらん

■ドイツ

祖国ドイツに統一、正義そして自由を!
友よ、共に進もう!
兄弟のように、心を重ね、手を取り合って
統一、正義そして自由は幸福の証し
幸せの輝きの中 栄えよ、祖国ドイツよ!

■イギリス

神よ我らが慈悲深き 女王陛下を守りたまえ
我等が高貴なる女王陛下の永らえんことを
神よ我らが女王陛下を守りたまえ
勝利・幸福そして栄光を捧げよ
御代の永らえんことを
神よ我らが女王陛下を守りたまえ
―――――――――――――――――

世界の国歌と比べてみても、『君が代』は素晴らしい!

『君が代』を堂々と歌おう!

-----------------------------

外国国歌の歌詞を知らない人が「君が代」は軍国主義などと言いますが、
他国の血生臭い国歌のことは何と言うのでしょうか?

誇りを以って堂々と声高らかに歌おう!

(記事編集) http://cooljapan211.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

2013/06/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。